初心者にお勧めの青汁について

初心者にお勧めの青汁について

青汁と言うと独特の青臭さと苦味の強い、飲みにくいものというイメージを持っている人も多いと思います。

 

いくら豊富な緑黄色野菜の栄養素を含んでいても、健康や美容に良いと言われていても飲みにくければ続けることはなかなか難しいものです。

 

私も青汁を始めようと思っていた時に悩んでいたのが青臭さと苦味という、味に関するものがほとんどでした。

 

しかし現在は青汁と言っても様々なものがあり、調べて行くと飲みやすいタイプの青汁というのも数多く展開されています。

 

青臭さや苦味を極力目立たなくさせて、抹茶味やフルーツ味などの香りや口当たりの良いフレーバータイプがあるので、私も最初はこれらのタイプの青汁から始めました。

 

実際に飲んでみると本来の青汁のイメージとは異なり、飲みやすい野菜ジュースのような感じでした。あの青臭さや苦味はほとんど無かったので、これなら毎日続けられると思いました。

 

青汁は続けることが大切です。

 

初心者は特に毎日続けられるかどうかをポイントに考えて青汁を選ぶことが重要になります。まずは味や香りに少しずつ慣れて行くために、抹茶味やフルーツ味の取っ掛かりやすい青汁から始めてみることをお勧めします。

 

慣れて来たらだんだんと効果の高いタイプの青汁にシフトして行くと良いのではないかと考えています。

青汁を楽しむための工夫

 

野菜は食べられないわけではありませんが、進んで食べたい物ではなかったです。

 

もちろん、食べないよりは食べた方が健康に良いのは確かです。

 

しかし、体に異常が発生していないので、必要性を感じられませんでした。

 

ところが、よく考えてみると体重の増加や便秘など、改善したいことはありました。

 

また、今は良くても将来の自分を想像すると、早い段階から健康になっていた方が後悔しない気がしたので、これまでよりも野菜の食べる機会を増やしました。

 

しかし、野菜を準備するのが面倒な時があります。

 

そんな時に活用しているのが青汁です。まさか、自分が青汁を飲むようになるとは思っていなかったです。

 

青汁は粉末を水やお湯に溶かして作るため、手順は非常に簡単です。そこまでの苦さはなく、抹茶のような味となっています。

 

ただし、水やお湯に溶かして飲むだけでは飽きてしまう可能性があります。

 

そこで、青汁を楽しむために工夫しています。

 

私がお勧めする青汁を楽しむための工夫は、青汁の粉末をヨーグルトにかけるという食べ方です。

 

粉末をそのまま食べるのは大変ですが、ヨーグルトにかけると程良い甘さと苦さがミックスした味になります。

 

あっさりしているため、食後のデザートに向いています。